JES International, inc.
Godin TOM ANDERSON HAO L.R.Baggs Amps Other Products home
L.R.Baggs
top models faq user list 試奏ギターのあるお店 topics
L.R.Baggs
preampbass
preamp
micsystem
piezo
Dual Pickup
magnetic
for Electrics
accessories
models








マグネティックピックアップとは思えないほどにボディのアコースティックな鳴りを取り込み、ボディタッピングのサウンドもきれいに再生する能力を兼ね備えたM80。よりリアルなアコースティックサウンドの向上と共にボディタッピングのサウンドはM1と比べ約200%向上させました。

▼マグネティックとは?






M80はM1と同様のスタッキングハムバッキング構造。上のコイルには各弦用の音量調整のポールピースが付いています。下のコイルは上下左右に自在に動く3D構造。ノイズを抑えるハムバッキング機能に加え、3Dボディセンサーとして、ギターのトップやボディの鳴りを効率的に取組むことに成功した画期的なシステムです。

下のコイルをよりフレキシブルに(上下左右前後)動かすことで、M1と比べアコースティック度を約200%向上させました。タッピングも含めM1以上にエアー感のあるアコースティックなサウンドを求めるプレーヤーに最適なピックアップと言えるでしょう。





 
バッテリーチェッカーボタンでバッテリー残量が確認できます。ボタンを押すと4つの小さいグリーンランプが点灯し電池残量を示します。手元で容易に確認ができる利便性を追求した新機能です。





 
本体裏側にActiveとPassiveの切り替えスイッチが付いています。Para Acoustic D.I.やVenue D.I.などの外部プリアンプを併用する場合は、好みによりPassiveモードでの出力が選択できます。電池はM1 Activeと同様に、どこでも入手し易い3Vのリチュウムボダン電池CR2032(バッテリー寿命: 連続1,000時間)を使用しています。

M80のパッケージには、エンドピンジャック及びボディ内配線一式が付属しています。

また、ボディ加工無しで使用できる 3.6mケーブル(MIC1)を別途販売しています。







2015年11月1日価格改定
 

ギターを改造することなく、安定したサウンドを出力できることが人気のマグネティックタイプピックアップがM1です。最大の特徴はマグネティックタイプでありながら、取り付けるギターサウンドに忠実な驚異的ナチュラルさとボディ振動も反映したエアー感のあるサウンド。これはエルアールバッグスが開発した、Tri-Axial Dynamic Technologyによるもので、他の同様なピックアップと全く違う、マグネティックPUIとは思えないほどピュアなサウンドを実現しました。

▼マグネティックとは?






M1は独創的なハムバッキング・ピックアップです。通常のハムバッカーでは2つ目(下部)のコイルはハムノイズを除去するだけで、濁らせこそすれ実際の音に対してはなんら貢献していません。我々はこの2つ目のコイルにも手を入れ、シングルコイルのオープン・サウンドを保ちながら、ノイズの除去と音質の向上を実現しました。

下部のハムキャンセリング・コイルは特殊なサポートによってメイン・コイルにぶら下がった状態になっています。このコイルは3次元方向に動くことが出来るため、メイン・コイルがギターの表甲と共に振動し、下部のコイルでボディ・シグナルを再生することによって弦とボディ両方の音を作り出します。いわばサウンドホールに2つのピックアップを搭載したような状態になるわけです。この特殊なサポートが3次元に動くことによって、フィードバックを抑えると同時にプレゼンスとボディ/トップの振動をも加えること成功しました。


M1 Sound File (MP3/1.15MB 0:30)








  M1には、プリアンプを内蔵したアクティブタイプM1Activeと、プリアンプの無いパッシブタイプのM1の2つのモデルがあります。

アクティブタイプのM1 Activeには、このピックアップ専用にチューニングされたプリアンプとボリュームコントロールを搭載。ライブ、レコーディングなどの音場で、あらゆる出力ソースを通し安定したサウンドを手軽に得ることができます。内蔵プリアンプ用に、簡単に脱着が可能なリチウム電池CR2032を使用。連続でおよそ100時間の使用が可能です。

パッシブタイプのM1は、接続する機器によってはそのままの使用が可能ですが、出力は低めです。ライブ、レコーディング等では、十分な出力を稼ぐために Para Acoustic D.I. など外部プリアンプの併用をお勧めします。
(注)パッシブタイプにはボリュームは付いていません。


M1 Passiveマニュアル
M1 Activeマニュアル
M80マニュアル




  マグネティックピックアップは、マグネットの周りにコイルが巻いてあり、エレキのPUとほぼ同じ構造になっており、フィードバックが少なく、バンドでのライブ使用に優れています。M80、M1にはボディサウンドをも反映したナチュラルサウンドを得る為のパテント構造が採用されており、他の同様なマグネティックタイプのピックアップと比べ、生音に忠実なナチュラルなトーンを出力します。


M80はアコースティック度合いが高いソロやバンド、M1はエレキ等の入ったバンドにお勧めですが、サウンドやトーンの違いがあるので、選択はあくまでもお客様のお好みしだいとなります。詳しくは最寄りのL.R.Baggs特約店や取扱店にお問い合わせ下さい。

  LR Baggs 関連Blogはコチラから

Godin Tom Anderson HAO L.R.Baggs Victoria Amp Phill Jones Bass Sperzel about us contact catalog
Copyright:(C) 2004 J.E.S. International, Inc. All Rights Reserved.